新年はうるさいほどの花火とケンカで幕を開けた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さるどし

新年明けましておめでとうございます。
年越しは、縁起のめちゃめちゃ悪い夫婦喧嘩でスタートを切ってしまいました、あっちゃー!

さて、イギリスは、大晦日、年明けともに、そこまで力が入っていない(仕事の人もいるし、街中ではまだクリスマスソングが流れてたりする)のですが、一応、大晦日夜中からのカウントダウン後、各地で一斉に大々的に花火が打ち上げられます。有名なのは、ウェストミンスターのテムズ川周辺の盛大な花火。ロンドンを象徴するビッグベンやロンドンアイなどの背景にこれでもかっというほどのゴージャスな花火は圧巻です。いつか観に行ってもいいけど、すっごい人だし、チビが2人もいるので夜中まで起きていられるわけもなく、まあ、いつかおばあちゃんになったら観に行こうかなと思ってます。

で、そのセントラル・ロンドンの大花火は、毎年テレビで鑑賞しています。例年、その花火をテレビで見ながら、また近所の花火も同時に楽しんでる(というより騒音に近い・・・)といった感じです。今年は、近所の花火が結構大規模でして、家の周りの2〜3カ所からあがっているんですが、見えるのは高くあがったものだけ、常に音は聞こえているといった感じですが、この音が大きくてひっきりなしで、いやぁ、パブで飲んでたら盛り上がるでしょうね、きっと。でもって、家の裏にパブがあり、そこの中庭が開放されていてパーティーが開かれていたんですが、そこから爆竹もたびたび放たれていて、そのパブの中庭がうちの寝室に近いので、子どもたちが起きないか、それくらいうるさかったです。過去に、あまり、この年越しの花火を騒音としてストレスにならなかったので、今年は花火が豪勢になったんだなぁと勝手に思いました。

さて、子どもも寝静まった年明けの真夜中。花火を見ながら、近所の花火の音を聞きながら、ハッピーニューイヤー!今年もよろしく〜!と普通はいくところ。が、年越しそばを作らなかったことに気付いてしまった旦那。日本人じゃないくせに、なんか、そういう、縁起モノみたいな事は信じていて、昔からの言い伝えを守らないと幸せになれないとかって思ったりしてて、

年越しそば〜!!!年があけちゃったじゃないかよ〜〜!

と大騒ぎ。今すぐ作れ!子どもたちを起こしてこい!ともう大変。子ども起こすほどかよ…。
たしかに、忘れてしまった私がいけないんだけど、こんなに怒ることないし、それより、めでたい年明けの直後に、シャンパンでかんぱーいしようした時にこのケンマクで叱られる妻って・・・なんか年越しそば食えなかった縁起の悪さよりも、今年一年の夫婦仲の悪さを予言しているようでこのケンカのほうがよっぽど縁起悪い気がするんですが。

去年、同じくロンドンに暮らすJammyさんのブログで夫婦喧嘩のトピックがあって、クリスマス前に夫婦喧嘩したにもかかわらず、気持ちを切り替えて良き妻となろうってJammyさんに、えらすぎるなぁ〜ってめっちゃ感心したばかりだったんですが、見習わなきゃって思ったばかりだったんですが、、、無理でした…orz

いやはや、新年一発目がこんな愚痴ブログになろうとは思ってもみなかったですが、許してちょんまげ(痛い…ごめん)
実は、ブログを書いているのも、旦那の気分を害するらしく、目の前でPC堂々と打てなくなってしもうたん!なのでめっちゃ早打ちの乱文。では、今日もがんばります。

今年もよろしくおねがいいたします!