朝からパンを焼いてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JUS-ROL

以前、イギリス在住の方のブログで拝見して(紹介したかったけど、ブログ探したけど見つけられなかった…orz)、このパンほし〜って思ってて、やっと昨日買ってきました。

冷凍パイ生地みたいなもので、そのまんま、くるくる成型してオーブン投入するだけっていうの。最高!

最近、うちの子たち、言うこと聞かなくて、アタシの用意した食事を「まずい」とか言ってたべなかったりするんですよね〜。(本当にまずいんだと思うけど…)特に朝とか、もう時間がないから、食べてくれないの、かなり困るし、ランチまでもつかしらって心配になるし。以前は、フルーツ、ゆでたまごがあれば、メイン(パンかおにぎり)を食べなくても大丈夫なくらい大量に食べてたんだけど、最近は飽きちゃったらしく、大好物のゆでたまごか卵焼きも、ブルーベリーやラズベリーも、一口食べるだけ、終了。夕食も同様な感じ。

『無理に食べさせることないですよ』とかって、ネットで調べると子育てプロフェッショナルさんは教えてくれたりするんですが、食べてくれないと食事は大量に残り、もったいない精神のお母ちゃん(ワタシ)が無視しきれず片っ端から食い片付けてしまうので、子どもたちのスタミナ不足も心配ですが、アタクシの贅肉過多も心配ですので、やっぱりみんなに美味しくごはんを食べてもらいたい!

相変わらず前置き長いですが(すみません)、というわけで、その対策もあり、最近、息子や娘にお料理に参加(手伝い)してもらうようにしています。そうすると、「息子君の作ったもの、美味しい〜♡」とか「娘ちゃん、お料理上手〜!」とか言うと、本人たちも喜んで食べるんですよね、ひひひ。

で、昨日から「明日の朝はパン作ってもらうよ〜!」とお願いしといて、朝もちょい早めに起きました。最初は、やっぱり朝なので機嫌が悪く、「えーいいよーめんどくせー」とか言ってたんですが、いざキッチンに呼ぶと、やる気まんまん!やったね。

これ、本当に楽ちんですね、パッケージ開けて、広げて、チョコ入れて、くるくるするだけ。

パン作り

でもね、なんか、生地が、ヒビ割れてるし、様子がおかしい。本当はめん棒で伸ばす必要ないんですが、生地が固いからめん棒使っちゃいました。まあ、そのほうが、子どもも楽しんでるしまあいいかと。

うーん、どうもおかしい。で、パッケージ見たら、どうやら、冷蔵保存だったっぽい…。アタシ、冷凍パイ生地のイメージあったので、全く疑わずに冷凍庫に入れて保存していたんです。

DO NOT FREEZE

の文字が…。アイタタタ…ですな。もう、本当に、英語力ゼロ主婦まんまですね。いや、ほんと、アホです。でもね、これね、日本語だったら、絶対見逃しませんよ、やっぱり英語だから、気付かないんですね、あかんです、保存方法とか使い方とか、きちんと読まなくちゃいけませんね。

まあ、でも、冷凍パイ生地があるんだから、いけるだろうということで、このままオーブン投入!

パンおショコラ

ビミョー!
焼色足りないし、サクサク感が見た目感じられない…。しかし、中は生焼けでもなく、パン・オ・ショコラですが、少ししっとりめな感じで、味はバターたっぷりで美味しかったです。思惑通り、息子は2つも平らげてくれたし、結果オーライということで。もう一箱買ったので、冷凍庫から冷蔵庫に移し、いつかリベンジ予定です(一度冷凍しちゃったからアカンかな)。

余談ですが、最近日本の友達に教えてもらったバンホーテンココアのCM、かなりウケました。うちの息子もあと何年かで、こうなるんだろうな〜っって、でママの気分がよーくわかった動画でした、くすくす。