フランス、ブルターニュへ行ってきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Brittany ferries

ご無沙汰しております!Googleにやられて落ち込んでいたわけではありません、楽しいフランス旅を満喫しておりました、でへへ。旅先でブログは更新しようと、PCは持っていったのですが、ネット環境は宿のWifiのみでしたし、私の寝室にWifiが届かないという悪条件(好条件ともいう?!)だったので、この旅中、PCを一度も開くことがありませんでした。スマホも当然海外使用できるような準備もしなかったので使えず、ホリデー後半の1週間は、ほぼデジタルなしな生活をさせて頂きました。いやぁ、なければないで、むしろそのほうが、快適なんじゃないか?!くらいな。連絡が簡単にとれないのが難点くらいでね。

まあ、デジタルが自由に使えたとしても、フランス、ワインもチーズも美味い、安い、肉美味、バゲット美味、シーフード美味、シードル虜、卵、チョコ、もうとにかく全部だよっっこのやろぅっっ!って言うくらい、普段のスーパーで手に入る物がたまらなく美味しかったので、そっちに夢中で、パソコン打ってる暇は無かったと思います。なんだよ、イギリス、食が退屈だからデジタル使っちゃうのかよ、そういうわけじゃないけどね。とにかく、フランス、何もかもが、私にとって新鮮でした。

スポンサーリンク

フランス北西部 ブリタニー地方へ

フランスは、初めてではありません。渡英した翌年に、日本からの友達と一緒にパリに行きました、ユーロスターで。そして、今回と同じような場所ですが、6年前に、ノルマンディーへと義両親と一緒に行ったことがあります。この時に、初めてフェリーでのフランス旅行を経験しましたが、快適すぎて鳥肌がたったことを覚えています(笑)。だってさ、船旅って、時間とお金に余裕がある人のみ許されるものだと思っていたからさ〜!今回も利用した、Brittany Ferriesは、時期や購入タイミングにもよりますが、格安で快適な船旅ができるおすすめラインです。

Sail direct to the best holiday destinations in France and Spain saving you miles of driving, fuel costs and tolls as well as giving you more precious holiday t...

うちは、期間限定の在英家族ではないですし、シングルインカムですから家族旅行する余裕もあまりない、正直なところ。それなのに、毎夏、私の故郷愛のため、遠い地日本に帰らせてもらっています。というわけで、家族での国外旅行は、渡英4年目ですが、過去一度もありません、そんな贅沢できるご身分ではないのです、余裕なし!しかし、今回、去年行かれなかった私と娘のために、なけなしの貯金はたいて、家族でのフランス旅行を実現することに、ありがとう、ダンナ!

実は、去年5月に、スポンサー義両親で、今回と同じ旅、フランスブリタニー家族旅行は、実行されたのですが、残念ながら、ワタクシは、ビザ更新でパスポートが手元になく、泣く泣くあきらめたという過去があります、そう今回はリベンジなのです!

パスポートが脅威の速さで戻って・・・来なかった
イギリスの子どもたちは、今週末からハーフタームホリデーですね。暖かく、日も長いこの季節のホリデーは、公園で遊ぶだけでも楽しいですよね...

今回、私達が向かったのは、まずはイギリスのポーツマス港。そこから、フェリーでフランスのサンマロ港へと向かいます。約11時間の旅です。いいですね、飛行機だと2時間くらいで着きそうなところに11時間。余裕の船旅、これ最高ですわ。

フェリーを使う家族旅行なら、断然車があったほうが良いです。というか、車ごと国外旅行をしたい、そういう場合にフェリーが便利、という言い方のほうがしっくりくるかな。うちは、車を所有していないので、レンタカーをして、車ごと船に乗り込みました。ちょっと計算違いだったのが、レンタカーが思ったよりも小さかったこと、特にトランクが。これ致命的。なぜなら、フランスの食材(特にワインとかワインとかワインとか〜)をいっぱい買ってトランクにつめて持って帰ろうって予定していたから。行きに家族の洋服を入れたらトランクいっぱいになっちゃってんだもん、なんだよ、どうすんだよ!これ今回の旅の一番の失敗って嘆きました。でもね、結果から言っちゃうと、そこそこお土産は持って帰れたし、これ以上持って帰れるって買い物してたら、破産しちゃうから、やっぱりうちの今のお財布事情にはこの大きさの車が合っていました、ははは。

さて、もうね、Brittany Ferries、何が良いかって、船に乗ったらフランスなんですよ♡だから、私は、さっそくシャンパン飲んじゃうよ、時間もいい時間だしね(イギリス出港は夜の8時)。

シャンパン

ダンナさんは、もう船の中の従業員のおねえちゃんが可愛い可愛いってご機嫌。フランス女性の話す英語がたまらないんだって、アホか。

ポーツマス20時出港、サンマロ8時到着のこの便は、船で一泊するような時間帯です。大抵の人は、キャビンをとって、部屋に荷物を置いて、バーなりレストランなりで、時間を過ごします。あ、出港後は、駐車場の車には戻れませんので、船内で使うものは、車に置き忘れないよう注意してください。

船の中はこんな感じ。ここから船外見ながらのんびりすごします。船の中はWifiが使えますが、かなり弱いので、動画とかグラフィカルなネットゲームとはは、全然無理です。のんびり読書やカードゲームなどで時間をつぶしましょう。このエリアの近くにはカフェがあるので、コーヒーやスウィーツを楽しむ人が多かったです。

ここが、バーです。出港が夜ということもあり、まずみなさんこのエリアに向かうようです。バーの奥には、デッキに出られる扉があり、夜景をみながらビールを飲んだりする人も多いですね。そして、デッキでは喫煙もオッケーです。

向かって右は、レストラン。このレストランは、テーブルに案内される、ちゃんとしたレストラン。言い方変だけど、もう1つ、セルフサービスのカジュアルなレストランがあって、うちは子連れなので、ここではなく、そう、もう1つのカジュアルなほうで食べました。おもちゃ付きのキッズミールもおいてあるしね。左はワインバーです。もう、この雰囲気は、子連れの家族は関係なし、といった感じ(笑)。

いいんです、うちらは、バーとセルフサービス食堂で、大満足。バーは、子どもも大歓迎で、出港後すぐに子供向けのマジックショーが始まり、うちの子達も当然楽しみました。

この他にも、お土産屋さんや、Duty Free Shop、映画館など、時間を忘れて楽しめる場所がたくさんあります。キッズスペースも完備、DVDが流れていたり、遊具があったり、お絵描きできたり、子どもたちも飽きない工夫が随所にちりばめられています。

キャビンは、グレードにより価格が違ったりしますが、個室になっていて一泊するのに快適かと思います。シャワーが付いている部屋もあるし。うちは、去年、キャビンが満室で、仕方なくシートで一晩を明かしたそうですが、子どもたちは、床で寝かせられるし(キャビンのベッドに親子で寝るのは狭すぎるし、1人だと下の子は落ちるor泣く可能性が大)、空いてるし、平気だよ、というわけで、今回もキャビンなしで、シートを一応4つ予約。でも、おすすめしません。小さい子どもには良いです、床で寝かせるので。ちょっと厚めのピクニックシートとか持っていくといいですよ。でも、椅子で眠れない大人がいる場合はダメ、絶対向いてない。狭くても、横になれるキャビンが良いです!飛行機のように、ひざ掛けがあがって、復数の席を一緒に使えるとかならいいけど、一つ一つのシートが独立しているので、それも無理。絶対に座った状態でしか休めないので、私には不向きでした。結局床に寝ましたよ、空いてたから良かったけどね。

あんまり眠れなかったので、明るくなってきたから起きちゃった。そしたら、なによこれーっっ!海上から見る日の出って、この上なく贅沢っっ!めちゃくちゃ美しくて気持ちよかったです、ちなみに撮影、外です、潮風たまりません。ほんと早起きって気持ち良い。

朝のコーヒーとパンオショコラを頂きながら、船を降りる準備をしていると、見えてきました、これがサンマロの街ですね。ぐるっと城壁で囲まれているのが特徴です。ああ、ついにフランス♡、なんか街の雰囲気やカラーも、イギリスとは全然違う感じです。私達が滞在するのは、サンマロから約1時間ほどの場所、近くにディナンという街があるあたりです。この辺りを、フランス語でブルターニュ地方といい、英語名でブリタニー地方というみたいです。いずれにせよ、海に面する地方なので、牡蠣やムールなどシーフード、りんごのお酒シードルや、クレープ&ガレットが、名産、発祥の地と言われる、美味しい地方に間違いないエリアなのです。とは言え、イギリスにほど近く(昔は、ここらへんはイギリスだったとも言われています)、気候はロンドン(これ言い過ぎ。正確には、ポーツマスやブライトンなどイギリス南東部)とあまり変わりありません。

約1週間ほどの滞在です。ホテルではなく、知り合いの別荘を安く借りました。AirBnBの知り合いバージョンですね。キッチン付きの普通のお家なので、旅行というよりは、生活するイメージ。基本、スーパーで食材(現地の)を調達し、調理します、ダンナが(笑)。たまに外食できると嬉しいよね。嬉しい楽しい、素敵フランス旅行の続きは、また明日アップしたいと思います。もったいぶる〜、いやそんな大した内容じゃないけどねぇ〜(苦笑)

フェリーだけで、1記事書けちゃうほど、フェリー旅は楽しかったです。興味のある方はぜひ、お試しあれ〜。では、また明日(かければ…あさってになっちゃったらごめんねwww)

コメント

  1. Aki より:

    あー、これ私もやりたいやつ!!
    フェリーか電車に車乗っけておフランス〜
    旅行記の続き、楽しみにしてますね✌️

    • Mifofo_ton より:

      Akiさん、こんにちは〜!
      えへへーいいでしょー。フェリーに車ごと乗っておフランス〜めっちゃおすすめですよ。
      旅行記めったに書かないので、なれなくて、全然旅行記にならなさそうなんだけど・・・(写真もたいして撮ってないし)、ご期待くださいっ^^

  2. nico より:

    サンマロ、最近のだめカンタビーレを観て、行きたいところの一つなんです!
    フェリー旅いいですね、当たり前だけど、同じ船でフランスに渡るのでも、ドーバー海峡のフェリーとはワケが違いますね〜!うちはポーツマスまで行くのが遠いので躊躇してなかなか踏み切れずにいますが、船旅憧れます。続き楽しみにしています。

    • Mifofo_ton より:

      nicoさん、こんにちは〜!
      えー、のだめって、サンマロ出てたんだ〜!!!全巻読んでだーいすきだったんだけど、読破したのは遥か昔・・・サンマロが出ていたのなんて記憶にない・・・で、読み返したくなった!電子書籍探してみようっ。
      ドーバーのフェリーは乗ったことないんです。やっぱり近いからすぐついちゃうとか?
      このBrittany Ferriesは、ポーツマス以外も出港していますよ。前にノルマンディに行った時は、プール→シェルブールのラインで行きました。これも良かったですよ!
      船旅は、飛行機に比べるとどうしても時間はかかってしまうけど、移動時間が優雅に過ごせます、おすすめです〜^^。

  3. がちゃ より:

    わーーーーー♪
    素敵です
    船旅いい!!お洒落ですわ。(^▽^)ノ

    • Mifofo_ton より:

      がちゃさん、こんにちは〜!
      ふふふ〜♪船旅良いですよ〜。飛行機と違って、窮屈で座りっぱなしではないので、ゆったり優雅な移動時間を楽しめます。おすすめ〜☆