しりとりと I spy で子供とことばあそび

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族で散歩

こんにちは。子どもの補習校が始まり、土曜日も寝坊ができない日々が再度訪れたあ・・・と朝からぼーっと時間が過ぎていったホリデー開けの週末。ああ、春休みって天国だったわと、土曜の早起きと宿題の無かったホリデーを懐かしんでおります。今日からまた宿題の山ですわ、子どもをぎゃんぎゃん叱る日々が始まる〜いやぁ〜。

さて、そんなことはどうでもよくて。旅行に限らず、車や電車、船もありですね、そしてお散歩しながらでもいいです、子供と移動中に、何を話しますか?もちろん、学校であった話や、昨日見た映画の話とか、話す事がいっぱいある時はいいです。でもネタ切れの時とか、子供が疲れたり飽きてきたりしたとか、どうしますか。ここんところ、日本人ママ提案の遊びと、英国人ダディ提案の遊びで、うちは盛り上がっているので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日英、ことばあそびの代表

日本人ママは、定番ですが、しりとりです。まあ、これ誰でもよくやるよね。でも、イギリス在住が長くなってくると、実は日本語忘れてきちゃったりする子も少なくないわけで。うちは、英語よりも日本語のほうが得意だから、まだ平気だけど、いつ英語のほうが得意になって、日本語忘れちゃうかわからないから、しりとりは、結構やります。一番下の4歳児もまざって遊べるのもいいし、イギリスダディが苦戦する様子はなかなか面白い。たまに、食べ物限定とか動物限定とか、難しくすると、続かないけど本気モードが高まって盛り上がったりするよ。

そして、英国人パパからは、I spyです。これもうちはよくやるので、今では、家族内で退屈な空気が流れたら、息子が「I spy…」と言い出してゲームが始まる場合が多かったりします。これは、ご存知ない方もいると思いますので、簡単にご紹介します。楽しいですよ。

I spy my little eyes something beginning with…

このフレーズで始まります。1人がこれを言って、目に入ったもの(見えるもの)の、頭文字一時をwithの後に言います。その、目に入ったものを、他の人で当てる、というゲームになります。これが、なかなか面白い。難しいようで、簡単なようで、難しかったりします(笑)。

例えば、車に乗っていて、田舎道を走っています。天気の良い日に、周りは、広い緑いっぱいの牧場と、家畜と、菜の花畑、みたいな場面で、I spy my little eyes something beginning with C. と1人が言うとします。すると、他の人は、Cの何が見えたか考えて当てなくてはなりません。この状況で、Cだと、Car とか Cloud とか Cow とか Church とかかな。質問者がどれを見てI spy…といったのか想像しなくてはなりません。ね、難しそうだけど、結構簡単だったり、たまに難しかったり。

しりとりも I spyも、日本語と英語の勉強、とまでは言いにくいけど、楽しくことばを使って遊べるのは、とっても良いと思います。I spyは、私も頑張りますよー!田舎だと楽ちんだけど、都会に来ると難しいよね、目に入る物が山ほどあるもん。最近、現地校に通い始めて、英語が得意になり、自分の国の言葉を全然話さなくなったという、別の国のママの悩みを聞きました。日本人もまた然りですよね。だから、昔ながらのことば遊びで、簡単な言葉でも遊びながら使っていくのいいなーって思ったりします。皆さんもぜひ遊んでみて下さい。では〜。

コメント

  1. がちゃ より:

    この間、大人4人でしりとりしちゃったばっかりなんですが・・・・
    単純な遊びって本当面白いですよね♪

    • Mifofo_ton より:

      あはは!しりとり、なにげに面白いよね〜!アタシも大好き!