イギリス移住の際、日本から持ってくるオススメ品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とっくりとおちょこ

3月突入ですね。ロンドンは日も長くなってきて、春めいてきましたよ〜、まだ寒いけど!

さて、3月というと、日本では卒業シーズン。イギリスでは学期の開始が9月なので、つい忘れてしまいそうになりますが、日本では、3月が終わり4月が始まり、ですよね。会社も同様で、入社式は4月におこなわれますよね。そんな、区切りのシーズンですので、この時期、日本を離れイギリスに移住される方も、多いのではないでしょうか。イギリス移住の際、日本から持ってきたほうがいいよーって、私なりに思うものを、ちょっと今日は取り上げたいと思います。実際、私も今年の夏、また日本に一時帰国し(無事、航空券とれました〜いやっほい!)、絶対に買うぞー!って物も含めています。日本を離れ異国に行かれる方の、ご参考になれば嬉しいです。最近話題の、イギリスで死にそうな留学生のおねいちゃん、みたいにならないためにもねwww

スポンサーリンク

食べ物編

だし、乾物類

しょっぱな、これかよ!って感じですが、まあ、たいして荷物にもならないので、是非もってきたほうがいいですよ。だしの素もそうですが、その他乾物類ですね、昆布、にぼし、どんこ、かつおぶし、ワカメ、ひじき、海苔、青のり、などなど。こちらでも入手可能ですが、値段が高いです。あと、乾物というだけあり、いつ日本から空輸してきたのかわかりませんので、結構質が悪いモノに遭遇する確率も高いです。うちは最初にこちらで購入した海苔が悲惨な味で(きっと古かったんだと思います)、それ以来、実家より大量の海苔を送ってもらっています(まあ、これに関しては運もあると思います。美味しい海苔も売ってる、と思います)。但し、注意は、超大量にもってくると、実はだしや乾物って賞味期限があるので、使い切れないことがありますので、ダンボールいっぱいのかつおぶし、とかやめといたほうがいいです。乾物くくりで、うどんやそばの乾麺も余裕があればもってきたほうが良いですよー。

めんつゆ、ポン酢

めんつゆと、ポン酢は、余裕があればもってきたほうが便利です。こちらでも売っていますが、高価です。私は最初持ってこなくて、こっちで手作りすればいいやと思っていたのですが、あるとめちゃ便利です。簡単にもう一品が出来てしまいますし、しばらく日本を離れると、この味が懐かしくなります。液体なので、割れない漏れない用くるんで、トランクに入れて持ってきましょう。

お茶

こちらでは、当然ですが、スーパーやコンビニでペットボトルのお茶は売っていません。ペットボトルのお茶をよく飲んでいた人は、水を飲むしかないので、ちょっと物足りないかもしれません。なので、お茶を持ってきましょう。ティーバッグや粉末タイプは手軽ですよね。茶葉を持ってくる場合は、一緒に急須が必要ですよ。こちらで紅茶やハーブティーの売り場に「Green Tea」が売っていますが、日本の緑茶とは別物に近いです。

お米

米〜!一緒に飛行機で渡英するのは重いので、船便で送るのがベターかな。お米はこちらでも売っていますので、まあ、絶対必要、ではありませんが、味や質にこだわりがある方でしたら、持ってくるのが良いと思います。私は、最初、数回失敗したお米を買ってしまって、ライスクッカー(こちらの炊飯器)もイマイチで、ひどいごはんを何度も経験したので、今では、こちらの安価な日本米でも満足して美味しい美味しいって食べられますが、たまに友達が送ってくれる極上コシヒカリを食べたり、日本に戻って実家のごはんを食べたりすると、涙が出そうになります。なので、やっぱり、少しでも日本からお米もってくるの、オススメです、やっぱ日本人なので、ね。

お新香、梅干し、ふりかけ類

ごはんの友の類です。お米がなければあまり意味はありませんが、こちらのまずいごはんを少しでも美味しく日本の味にしてくれる、これらの品は、重量もないので、持ってきても損はないと思います。私は渡英後、日本の友達が梅の味のふりかけ「ゆかり」を大量に送ってくれて、めちゃ重宝しました。梅干しはないけど、ゆかりで梅風味が味わえたので、ごはん以外にもサラダとかにもふりかけたりしちゃいます。あ、お新香は、持ってくる時に注意が必要です。何重にくるんでトランクに入れても、イギリスついてトランク開けたら、荷物全部がたくわんのニオイになってしまった…という場合があります。(同様に切干大根もニオイ、結構強いです)

パスタソース、おかずソース、カレーの素

イギリスで日常使われているもので、手軽に日本の味が楽しめたら、という理由で、こういったパスタソースやおかずソースの類は、めちゃめちゃ重宝します。実は、私は、日本に居る時には、こういったパスタソースやおかずソースは使用したことが、ほぼありませんでした。ま、そうだよね、たらことかそこらで売ってるし。しかし、こちらでたらこはなかなか手に入らない。だけど食べたいたらこスパ。というわけで、うれしいこういうパスタソースなんですね。他にも、キャベツと炒めて回鍋肉とか、ナスとひき肉に加えれば麻婆茄子とか。あとは、炊き込みご飯の素や、ちらし寿司の素もいいよ、お米は必要だけど、たけのこやれんこんなど、こちらではなかなかお目にかかれないお野菜が入っていたりするので。そして、カレールウや、レトルトカレー。インドカレーはたくさん売っていますが、日本のカレーがたまに無性に恋しくなるので、是非ご持参を。

※EU圏外からの、肉・乳製品の持ち込みは禁止されているので、お肉の入ったレトルトカレーは、持ち込み禁止物に属されると思われます。野菜カレーならオッケーかな。

焼酎、日本酒

これは、のんべえさん向けに。こちらでは、めちゃめちゃ高価です。トランクに入れて持ってくるのがいいかな、機内持ち込みは液体なので出来ないと思います。お酒は英国内持ち込み量の制限があるので(超えると関税がかかると思います)、ご確認の上持ってくるようにしてください。私は、必ず持って帰ってきます^0^!

お菓子類

これは、お子さんがいらっしゃる方向けかな。お菓子は、こちら、大量に売ってるので。しかも英国以外にも、ヨーロッパや中東の国々から美味しいスウィーツが入荷されているので、わざわざ持ってこなくても楽しめるでしょう。ただし、日本よりも甘さの加減がハンパなく甘いので、甘すぎ嫌いな人は、要注意。おせんべい好きは持ってきたほうがいいですね。あと、カリカリ梅とかおしゃぶり昆布とかも!

日用雑貨編

かやおりふきん

こちらにもふきん、タオル、ありますよ〜。でもね、私、こちらでこれに出会って、もう、日本製って素晴らしすぎる!って感動しました。私は、台ふきんとして使っていますが、汚れ落ちが全然違うし、すすいで絞った後の、水キレも良い。ロンドンの友達が日本帰国の際に、くれたのが使い始めのきっかけなんですが、それまで、ロンドンで買ったふきんやハンドタオルを使っていたので、あまりの使い勝手の良さにすぐ大ファンに。日本帰国の時には、大量に買って帰ります。100円ショップでも売っていますが、写真の白雪ふきんなど、すこし高価なほうがやっぱり拭き取りやすい。でも、うちは、揚げ物なども多く、子どももいるので、すぐに劣化してしまうことを考えて、100円ショップのものと白雪ふきんと両方買ってきます。

包丁

イギリスで売っている包丁は、切れません、日本製に比べて。これ、旦那もいつも行っています。日本に居る頃から言っています。本気で、イギリスで日本の包丁屋を開きたいってずっといっていました。そのくらい、日本の包丁は素晴らしいようです。というのを感じています、今。本当に日本の包丁は、切れるし、使いやすいです。今まで使っていたものでいいです、持ってきて下さい。あ、くれぐれも、手荷物に入れないように、捕まっちゃうよ。

コロコロ、クイックルワイパー

こちらの家は、カーペットが多いので、パッと見、髪の毛とか小さなホコリとか、目立たなかったりします。そんな時に、コロコロは重宝します、が、あまりこちらのスーパーで見かけません、洋服用の小さいやつはありますが。また、フローリングやタイルなどの床がある場合は、クイックルワイパーが便利ですが、これまたスーパーで気軽に見つけられません。

いずれも、イギリスのMUJI(無印良品)で売っていますが、レフィルも高いので、日本でレフィルも一緒に買ってもってくるのをオススメします。うちは、キッチンが石の床なのですが、すごーく汚れるんですが、掃除機と雑巾がけを、その都度するのがめんどくさくて、見て見ぬふりをしていたんですが(ダメ主婦です…)、クイックルワイパーがあれば便利だよな〜って思って、AmazonUKで買いました。が、クイックルワイパーも高いですが、特にレフィルが高くてびっくり。こちらでは、どうやら、昔ながらのモップが未だにポピュラーなようで、ごしごしモップがけをするみたい。うちもあって、旦那がやりますが、床がビチョビチョになっちゃうのよね、それにやっぱり、手軽じゃないしね。

お箸、菜箸、和食器

お箸は持ってきたほうがいいです。特に菜箸は、売っていないので、お料理をする時に、菜箸がないと、めちゃめちゃ大変でした。まあ、割り箸とかは売ってますし、日本食材屋さんにはありますが。あと、中華街にいけば、あの中華料理食べる時の太くて長いお箸が売ってるかな。でも、かさばらないし、重くもないので、日本から持ってきたほうがいいですよ〜。和食器は、船便でしっかり包んで送るのがいいですね。お椀やどんぶりなど、こちらでは調度良い大きさがなかなか無かったりするので、持ってくるのをオススメします。小鉢や小皿もあるといいですね。

ボールペン、鉛筆、消しゴム、鉛筆削り等 文房具

ボールペンは、書きづらいです。あまり使わないからいいわよ〜とも思いますが、実はクリスマスカードとかバースデーカードなど、こちらはカードを使いますし、あと、日記や手帳を書いたり(私は続きませんが…)、あとは、お勉強(もちろん英語!)したり、ちょこちょこ使います。私は、ジェルボールペンが大好きなんですが、こちらではなかなか売ってなかったり、高価だったり。特に日本のボールペンは超高かった記憶があります。鉛筆はこちらにうってますが、なぜか、鉛筆削りで削ると芯が折れます。鉛筆が悪いのか、鉛筆削りが悪いのか、わかりませんが、芯がもろい!消しゴムは、消えない。というか、文房具全般、日本は質が良すぎるんですよね。なので、基本のモノは持ってきたほうが良いと思います。

辞書、電子辞書

今はスマホがあれば、辞書アプリで、ちょちょいと調べられるし!と思って、何ももってきませんでした、私。だから、こんなに英語力が上がらないのかしら〜(関係ありません)!スマホのアプリも使えますが、渡英すぐはスマホも使えないかもしれませんし、データ使用は無制限ではないし(無制限の契約もあります)、あと、電波届かないところ、結構あるし。あと、やっぱり和英辞書が一冊あると安心します、こちらではなかなか和英辞書って売っていませんし。携帯するなら電子辞書が便利ですね。辞書は、あったほうが、やっぱり英語力も上がると思いますよ。

以上です。こんな感じかな。まだまだありそうだけど、とりあえず、オススメはこのあたりです。文庫本や絵本も送れたら是非、こちらではなかなか入手が困難ですから。うちでは、最近では、電子書籍にたよってしまっている感もありますが…でもお子さんのお気に入りの本とかあれば、是非、お持ち下さいね。

あと、渡英時に持ってくる場合、先述のお酒もそうですが、制限量があるものがあったり、動物性の食材、肉や乳製品などは持ち込み禁止なので、そういったルールに関しては、渡英前にチェックするようにして下さい、空港で取り上げられちゃったら泣けますので〜(T_T)

ロンドンの場合は、日本食材店が何件もありますし、今ではオンラインショップもあります。なので、入手不可能って事はないので、日本モノがなくて死にそう〜っっって前になんとかなると思います。でも、ホント、高いので、「持ってくれば良かったぁぁぁぁ〜っっっ」って思うことが多いので、好きなモノはできるだけ持って来るのが良いですよ。

では、これから来られるみなさまが素晴らしいイギリスライフを楽しめますように☆

コメント

  1. ぱぴ より:

    こんにちは。楽しく読ませていただきました。
    ところで、レトルトカレーって肉禁止に引っかかりませんか?
    ちょっと気になったので…。
    スーツケースに入れちゃえばバレないんでしょうか?(^_^;)

    • Mifofo_ton より:

      ぱぴさん、こんにちは。ブログ読んでいただきありがとうございます。
      レトルトカレー、肉禁止にひっかかりますね。。。ご指摘どうもありがとうございます!これは持ち込み禁止ですよね。
      スーツケースに入れてしまえば、バレない時はバレないのですが・・・、バレた時は、かなり気まずいですね。没収だけで済めばいいですが、やっぱり万が一を考えたら怖いから、記事訂正しなくっちゃです、ほんとありがとうございます〜。結構バレないもんだとは思うんです、ヒースロー出る時って、特にチェックがないので^^;。でも、もしも、を想定すると、英語力ゼロの私にとっては、かなり恐怖なので、皆様にもおすすめできません!ありがとうございました(*^^*)