日本のお風呂が欲しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉

イギリスに住んで2年。生活にも少しずつ慣れ、イギリスの非常識的な常識にも驚かなくなってきた今日このごろ。
ですが、やっぱり、これだけは、日本のほうが良いと思うのが、お風呂です。

スポンサーリンク

お風呂に入りたーい!

特に、こう、夏も終わり、短い秋もはい終了、そろそろ冬到来ですよ〜みたいな、寒さが身に染みる季節になると、日本のお風呂が恋しくて恋しくてたまらないです。

だいたい、こっちのお風呂は、湯船=洗い場ですからね(シャワールームが別についてるお宅もありますが)。日本の普通の浴室の湯船+洗い場を、バスタブ1つですますんだもん、狭いし、それに寒いし。まあ、冬は、セントラルヒーティングが普通なので、家中がぽかぽか暖まり、浴室もぽかぽかなので、凍える寒さにはなりませんが、日本のお風呂に入って体の芯からあったまる〜というぽかぽかさが、やはりこちらのお風呂では味わえません。特に温泉なんかの、あのお湯の柔らかさとか体の中心から末端まで温まる感覚は、絶対無理です、恋しいです、本当に。

で、そんな、イギリス(に限りませんね。アメリカとかフランスとかもそうだよね。)のイマイチなお風呂タイムを少しでも満足させるアイテムを見つけました。もう、今はこれなしでは、お風呂には入れません!

それは、エプソムソルトです。
成分は、硫酸マグネシウムで、イギリスのエプソムという場所でとれたので、こう呼ばれているそうです、そう、イギリス発祥のものなんですねー。

イギリスはじめ、ヨーロッパでは古くから、入浴剤、特に体の不調を良くする目的の入浴剤として愛用され続けています。イギリスでは、普通にドラッグストアで手に入りますし、特に高価なものではないので、私も常に愛用しています。

▲ちょっと古い記事だけど、日本でも一時期流行ったのかな?!

エプソムソルトは、お湯に溶かすと無色無臭なので、香りによるリラックス効果はありませんが、香りが必要であれば、お好きなアロマオイルを数滴加えてもOKです。
思ったよりも、効果がすごくて、結構お風呂あがりの体がぽかぽか暖まります!懐かしい日本のお風呂を思い出します。

さらに、私は、リウマチ持ちなのですが、リウマチにも効果があるとされているので、本当に良いのもを見つけたな〜って、気に入って愛用しています。(リウマチに対する効果のほどは、まだ確証もてませんが、リウマチは冷えが大敵なので、やはり温まると楽になる気がします。)

日本ではどうかな?手に入りやすいのかな?そんなに高くはないかな。日本は、入浴剤も充実しているし、入浴剤入れなくてもお風呂で暖まるので必要ないかもしれませんが、興味ある人は試してみる価値はありますよ〜。

やはり、こちらは、あまり湯船につかる習慣がないからか、湯船につかって、体を芯から暖めて、疲れをとったり不調を改善する、という考えがないのかもしれません。
また、これも土地や環境の違いからなのですが、髪の毛は毎日洗わないのが、普通みたいです。なぜなら、空気が乾燥しているので髪の毛に良くないとか、水が硬質なのもいけないとか。洗った日から2日目3日目のほうが、髪がしっとり落ち着いて良くなるとか言いますね。

女性の洗顔も水(お湯)とせっけん(洗顔料)で朝晩は洗わないらしいです。やはり乾燥しているのと水が硬質だから。
こちらの基礎化粧品って、化粧落としのクリームかミルクを使い、それを洗うのではなく化粧水(こちらは、肌を潤う化粧水ではなく、汚れを落とす化粧水が普通です)を含ませたコットンで拭き取る。または、化粧落としが含まれたワイプ(濡れたティッシュ)で拭き取る。その後、クリームか乳液かオイルで潤いをあたえる、というのが普通みたい。

最初、潤い化粧水がないのがすごく困って、更に、硬水や乾燥で、肌はボロボロになってしまいました。色々試してもダメ。
で、日本から友達に尿素をおくってもらって、こちらでグリセリンとローズウォーターを買って、化粧水を作っていました。最初は、良かったのですが、だんだん、こちらの環境に肌が慣れてきたのか、この化粧水を使うほうが肌が乾燥するようになってきてしまったのです。濡れた状態で乾燥した環境にいると、余計水分が蒸発してしまうんですよね…多分。

で、今では、拭きとり洗顔に、保湿オイルのみといった、シンプルなスキンケアで落ち着いています^^。もともとめんどくさがりなので、これで満足!もうちょっとシワが増えてきたら、また何か対策考えるかなーっと!