ロンドンの現地の公立小学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

London小学校

イギリスは、4歳からPrimary School、小学校に入学します。入学月は9月ですので、9月の時点で4歳の子が入学できます。学年はReceptionといい、プレ1年みたいなレベルになります。翌年がYear1と言われる1年生なのです。

余談ですが、イギリスって、建物の階数も、1階はグラウンド、2階がファースト、3階がセカンドと、始まりが「1」じゃないんですよね。学校も1年生がスタートじゃないのも同じようなものかななのかな。実際、息子が学校で数字を習ってきた時に、0(ゼロ)が始まりで、1、2、3、、、と同様に練習問題にリストされてるんですよね。
日本もそうでしたっけ?1からじゃなかったっけ?0って、10や100や1000にくっついてるもの程度の認識じゃなかったっけ?
って、どうでも良い話なんですが(苦笑)、イギリスは1からスタートじゃないものが多いなって最初思いました。というか、いまだに、階数は頭のなかでごちゃごちゃ悩みます。

さて、息子は今Year1なので、小学校に通い始めて2年目となります。
うちは、旦那さんはイギリスの人だし、経済的にも身分的にも普通レベルなので、迷わず公立の現地校に入れました。公立校なら小学校は基本的に無料で教育を受けさせてもらえます。うちの学校は給食ですが給食費もかかりません。但し、制服や体操服などの指定ユニフォーム代、高いです…しかも子供すぐ大きくなるから、毎年買い換えなければといった感じ。あと、遠足や放課後のクラブ活動の費用、たまにあるイベントの寄付金など出費はちょこちょこあります。各学校によりますが。

私はまだ理解しきれてないのですが、イギリスは学校をOfstedという公的(なのかな?)機関が毎年評価をつけていて、その評価で学校人気が決まるとも言われているほどです。中には、評価の高い学校のある学区へ引っ越したり、毎年の評価をチェックして毎年学校を変えたりする人もいるとか!まぁ、でもそのくらい、評価の悪い学校は、良くないらしいのですが。

で、うちも(旦那さんが)Ofstedでチェックして、問題なし評価よしの近所の現地の学校へ通わせています。
去年入学した時、残念なことに日本人は1人もいませんでした。英語を早くに覚えられるからいいかなとか、のんきに構えていたのですが、私的にもちょっと厳しかったです。。。学校側も日本人は始めてなので、もちろん日本人に対して慣れていませんし、日本語は話せなくても構いませんが、なんとなく扱いがギクシャクしてる風。ま、アタシも緊張もあり、かなりバリアをはっていたせいでもあるのですが。肝心の息子はというと、やはり最初はわからぬ言語に戸惑っていましたが、そのうち、友達ができるようになると、楽しくなってきたようでした。

面白いことに、なんとなく、友達って、似た者同士が集まる、というか、例えば、イギリス人はイギリス人同士、イギリス以外の国は、そこでまとまり、また、差別ではないのですが、やっぱり黒人は黒人同士、白人は白人同士で仲良しだったりしてるんですよね、全てではないですが。で、うちはイギリス以外の国の子と自然と仲良くしているようでした、おそらく英語のレベルが似てる(ネイティブではない)からだと思うんです。

ロンドンは、世界中の人々がいます。イギリス以外の国の人で、英語以外の言語を母国語として持つ人達は、絶対に家では母国語、学校で英語を、子供に教えたいと思っています。
なので、外国人の子は、もちろん毎日学校に行っているし、子供の脳の吸収力はすごいので、英語はどんどん覚えますが、学校を出れば母国語、そういう子が多いです、うちも然り。そして、家での家族との会話も英語だけのイギリス人家族の子とは、やっぱり英語のレベルが全然違うんですよね、当然ですが。そういうこともあり、自然と同じような環境のお友達と仲良くなるんじゃないかなって思うんです。

息子はそれなりに英語も上達し、お友達とも仲良くやっていました。で、Year1に進級、ここでクラス変えがありました、これ、ない学校も多いです、うちはあったんです。そしたら、残念なことに、まあ、よくあることですよね、仲良し君達とバラバラに。特に息子が1人ぼっちになるようなクラスとなっちゃったのです、あらら。でも小学1年生。まだ親友とかグループとかこだわる年じゃないし、すぐに新しいクラスでお友達ができるだろうって思ってたんですが、まだ、すごく仲良しが見つかっていない感じ、なので新しいクラスにまだしっくりきていない感じ。。。

いや、ホント、当たり前ですが、小学校1年生って、もう話す事は普通ですよね。だから、ネイティブ君たちは、難しい単語も使うし話す速度も早いし文章も長い!だから、息子も小学校1年生になって急に英語力アップしていますけど、いや、ネイティブ君たちとの会話は難しいと思います、これではなかなか意思疎通が難しいのかもなって思ったりして。

先日、個人面談があって、先生に息子が大変静かで授業に積極的ではないと言われたのです。(個人面談は旦那の担当です。旦那から聞きました。)「えー!静かってことはないんですがー家ではー!」って旦那がびっくりしたようです。学校、つまらないのかなぁーなんて、その夜、夫婦で悩んでしまったのですが。

で、今日、Open morningって朝の短時間だけ開放しますよ〜って、いわゆる簡単な授業参観があったんです。で行ってきまして、私が。そしたら、特に静かで暗い様子もなく(勝手に暗い子とか想像してた私…)、他の子とも話してるし授業の流れも理解しているようだったので安心しました。
たしかに静かですが、やはり、先生の質問がわからない、聞き取れない、たまにあるんだと思うんです。そういう時は静かになっちゃうし、他にもボーッと静かな子いっぱいいたし。
ただ、やっぱり、先生の話すスピードも去年の学年Receptionの頃とは全然違って、普通の速さに近いですし、ネイティブじゃない子は、集中して授業を聞いていないと厳しいかなとも思いました。でも、そうやって、英語を身につけて、そのうち、英語のほうが楽になっちゃうんだろうなぁ〜とか思いつつ、成長した息子の背中をニコニコして見ていた今日でした。

えっ、も・ち・ろ・ん!
私は、授業中、先生の言ってる事なんてわからないし、絵本の朗読があったんですが、絵本すら、わかりませんでした。もう、絵本、毎日1冊読もうかなとか、思っちゃったよ(T_T)
ママ友?いないいない。大丈夫、さすがに1年通っているので、同級生のママたちに、私は英語ができないっていうのが知れ渡っているので、誰も無理に近寄ってこなくなりましたーなあんて、でもホント。

イギリス人は、英語を話せない人には、歩み寄ろうとせず、近寄らない、というのを聞いたことがありますが、結構それはわかります。でも、それって、日本人に似てると思うんですよね。日本人も英語が話せない人は、わざわざ日本語わからない外人に歩み寄らず、見て見ぬふりして近寄らないですよね。いじわるで、仲間はずれされてるわけではないので、私も大丈夫。でも、いつかね、本当に、彼女達の言ってることが、クリアにわかればなってね、願ってます。。。はい、努力します。頑張りまーす!!!