ロンドン地下鉄でテロ事件。物騒な世の中になったもんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Leytonstone

ついに、というか予想通りなのか、ロンドンでもテロらしき事件が起きてしまいました。
地下鉄で刺傷事件とか怖すぎます。

犯人は5日19時頃、ロンドン北東部レイトンストーン駅で、単独で無差別に斬りつけて1人重傷、1人軽傷とのこと。事件当時「シリアのためだ」と叫んでいたため、テロ事件として捜査が進んでるらしいですね。

いや、怖い。普通に土曜の夜7時とかって、地下鉄乗ってるでしょ。

イギリスは、4日にシリアのIS(イスラム国)への空爆を決定し、実際(小規模ですが)開始しました。たしかに、このことによって、イギリスに対して怒り爆発するIS支持者が出てくる恐れはあったんですよね。でも、こんなにすぐに事件が起きるとはびっくりしました。

イギリスは、テロ対策はお金も力もかけているとしているのですが、イスラム教徒の皆さんを疑うわけではありませんが、移民が大量に在住している現状から、どこに、テロを考えている人たちが潜んでいるかわからないですよね。ちょっと怖いです。

うちは、都心から少しはずれた場所ですし、主婦や子どもが多いのんびりした地域です。多国籍民族が住んでいますが、大きな事件も起きそうにない穏やかな場所です。(たまに事件あるけど)だから、ここにいれば問題ないなー、とか、中心部に行かなければテロの心配はないなーとかって、のんびり構えたいところなのですが。今回の事件もロンドン中心部からははずれた東の地区です。イスラム教徒が多数住むとかって、記事には書いてありますが、イスラム教徒が多数住む街は他にもたくさんありますし、被害者や住民はまさかうちの駅でって思ったと思います。

うちは西のほうですが、大きなショッピングセンター「Westfield」が比較的近くにあるんですが(バスで10分ほど)、実は過去にここでテロ未遂事件が起こっています。ここで爆弾とか、先日のパリのような銃撃があったら、マジで怖いです。私も買物にはよく使う場所ですし。なにより子どもが一緒だったらどうしようって考えるとゾッとします。

A plot to bomb the London Underground or Westfield shopping centre by a couple was prevented ahead of the tenth anniversary of 7 July, a court hears.

でもね、そんなこと言っていたら、ロンドンに住めないし、それに東京も怖いとか言われているし、そしたら世界中どこにも住めないし、それ以前にシリアに住む全く関係ない一般人とか私達の数百万倍の恐怖に怯えて暮らしていたりするんですよね。私は良くわからないので、詳しくは語れませんが、とにかくむやみに命を落としたり奪われたり、そういうのが普通になってほしくないですよね。

シメの言葉が見つかりませんが、とにかくこの事件がロンドンのテロ事件の始まりとかにならない事を祈ります。