ビザの更新をなめていました。間に合うか心配なレベル。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UK GOV ホームページ

前回、ビザの更新やんなきゃなーって、まあ2度めだし〜、1回めに苦労してるし〜、更新は、前ほどつらくないっしょ〜とか、心のどこかで思っていました、はい、舐めてました。。。

前回の記事を書いたあとに、登録しているブログ村のページを見ていたら、ほんっとにタイムリーにビザ更新の記事をアップして下さったブログに出会いました。

時に心折れそうな英国暮らし、庭に来る近所のパブ猫と親交を深めて現実逃避をはかってみたり。現在は猫嫌いの大家さんの元で猫欠乏症発症中。

2013年からイギリスに住んでいるまやさんのブログなんですが、ホントにラッキーな事に、私の半年前に渡英されてるので、私より少し早いタイミングで、配偶者ビザの更新をされている。(この少しの間隔が大切、この間隔が1年くらいあいちゃうともう必要書類とか手数料とか変わってきちゃったりするのが、イギリスビザなのだ)ちょっと悩んでいた部分が、まやさんのブログでクリアになり、ちょっと安心して、明日からビザ更新に向け、準備はじめなくっちゃ〜と、ぬくぬく気持よく眠りにつきました。

で、翌日。さてと。って、まやさんのブログ見たら、おっ。記事が更新されていて、ビザ更新の際の提出書類がUPされていました。まやさん、本当に役に立っています、ありがとうございます。

そして、、、血の気がひきました。。。提出書類の量の多さに・・・ガーン。

まずいね、まずいです。延長?更新?楽ちん?どこがじゃ!普通に2年前に、日本で苦労した書類集めとほぼ同じ苦労を再度行わなければならないっ。
しかも、私、英語力を証明するもの、2年前のビザの時はIELTSとTOEIC。どちらも証明できる有効期限は2年なのでアウト。TOEICなんて、現在無効ですからね、ただの紙切れですよ、紙切れ。

間に合わんかもしれん…。

前夜に旦那とUK GOVのVISAのページ見ながら、わかんねーわかんねー言ってて(旦那イギリス人ですがわからないって…汗)、まやさんのブログ見て、うんうん、更新料に£649、ヘルス・サーチャージに£500(なんじゃなんじゃって、あたふたしていたのは、主にこの新しい制度のヘルス・サーチャージの部分だったのです)で間違いないな、きっと、「オッケー、近々、君の口座にこのお金振り込むよー」で、半分くらい完了したつもりでいました、おめでたい夫婦です、アホです。

まやさんのブログに、すっかり目覚めさせられまして、改めて、UK GOVサイトを確認。
必要な書類はこんなものです。

You must provide: あなたが提出しなくてはならないもの

  • a current passport or other valid travel ID
    現在のパスポート、または他の有効なID
  • previous passports
    過去のパスポート
  • 2 passport size colour photographs
    2枚のパスポートサイズのカラー写真
  • proof of your partner or child’s British citizenship or immigration status in the UK
    パートナーか子どもの英国籍を証明するもの
  • proof of your relationship to your partner or child
    パートナーまたは子どもとの関係性を証明するもの
    これに関しては、最初のビザの時もそうでしたが、結婚証明書(Marriage Certificate)や、一緒に住んでいる事を証明するもの、家族写真などなど。
  • any other documents that prove you meet the eligibility requirements
    その他、諸々書類…以下のような。

    • パートナーの収入証明(子どもの人数によって必要な年収が増えます)
    • 英語の知識 (を証明するもの)

と、ざっとこんなに必要なのです。
で、今回私が懸念しているのは、このKnowledge of English(英語の知識)の部分でして、証明するテストによっては時間がかかるので、試験をパスして証明するものを手に入れるまでどれだけかかってしまうか、それが心配でした。

私が必要なのは、これ。approved English language test のリンク先のドキュメントに、ビザ取得のために、認定されているテストがリストアップされています。あまり種類がないので、ますます弱気になってきたアタクシ…。CEFR レベルA1というのは、そこまで難しくないとは言え、イギリスでのイギリス人のテスト、勉強する時間が必要だよな…って時間ないし、合否判定までどのくらいかかるかな、っていうか会場遠いかな、平日とか子どものお迎えあるし行けるかな、とか色々考えると、間に合わねーんじゃねーかぁぁぁぁ〜の恐怖しか感じなくなってきました。

もう、そんな時は、現実逃避、じゃなくて、先輩たちのお声!こんなギリギリでアセアセしているアタシのような人、いるんじゃないか!と、グーグル先生に頼みこんでみた。

今日は 永住権VISA申請に向けての 英語テストを受験する予約をした。 2013年10月28日以降からVISAを申請する人は Life in ...

おー!!!アタシのように、ギリギリでアセアセしているお方ではありませんが、そしてビザの更新じゃなくて、永住ビザの取得をした方ですが、そして2年前の記事でしたが。

このブログを見てくださった方から
10分で終わる永住権VISA用の英語テストを教えて頂き、

早速ブッキングした。
TOEICを受けようと思ってったけど、テストに一日かかるし。。。
10分で終わるなら断然こっちや!と即このテストを受けることにした。

Websiteは、コチラ→Trinity College London

引用:イギリスのマダム??より http://mayuuk.exblog.jp/21964436/

と、この部分にピンときまして、Trinity College …

ちょっと前に確認した Approved Secure English Language Tests and Test Centres (公認テストの一覧表)に載ってるじゃーーーん(喜)

さっそくアクセス、アクセス。
もう、ばっちり、Approved UK Visas and Immigration ってテストの種類でています!
私の対象は、A1なので、GESE Grade2のページを開いて、予約ページを確認すると、うちの近くの会場での試験、結構ほぼ毎日のようにやっているし、12月に入れば空いてる(11月はいっぱい)し、やったー決まりだ!

心配していた英語のテストが、思ったよりも簡単に見つけられてホッとひと安心、ってパスしたわけじゃないから安心じゃないんだけどさ。
とにかく、このブログを書いてくれたDavie夫人さん、助かりました、ありがとうございます!

ちなみに、試験は、一回£150かかります。これ落ちたら、また£150かかるわけだから、落ちるわけにはいかない。。。頑張ろう。

さて、となると、必要書類の収集となるわけです。まやさんのブログを見てみると、受け付けてもらえる書類の種類や条件にもよるようですが、結構量が必要な感じ。アプリケーションフォームをまだ見ていないので、早めに確認が必要なのですが。

なんか、イギリス来てまでも、師走ってやっぱり忙しい〜っっっ!って状況、やんなっちゃいます(たまたま師走なだけですが。)。とにかく、早くに終わらせて、すっきり、まただらだらと2年半過ごしたいなと思っています〜。