【久々の投稿!】この冬、日本に一時帰国してきました。

冬の青空

ご無沙汰しております。なんと、一年以上も、このブログから離れておりました!毎度のことながら、書こう書こうと途中まで書いては下書き保存でそのまま時間たつ・・・という感じで、気づけばものすごい年月たっちゃってたんですね!!!

その間の出来事と言ったら、それは、もう・・・コロナ。しかないですね。こちらでは、Covid-19と言ってますが、特にイギリスは、ものすごい勢いで増えて、がっつりロックダウンして(一日一度の散歩くらいしか許されていなかったなあ)、陽性率も落ち着いてきたけど、クリスマスが近づくにつれ、また急増して(冬は免疫下がるのわかっているのに、クリスマスショッピング欲はどうしても抑えられないイギリス人)、再度ロックダウン、特に今回は、変異種と呼ばれるコロナ菌の進化系みたいなのもなのかわかりませんが、とにかくイギリス変異種、なんて日本では呼ばれていましたが、それの感染力がすさまじくてイギリスなかなか落ち着かない感じでしたが、ワクチン接種も急激に進めていることもあるのか、現在、通常の生活に戻れるのかなーくらいな減り方になってきているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡英してから初めての冬の日本一時帰国

毎年、夏は、日本に一時帰国をしているのですが、そんな状況でもあったため、去年の夏は、帰りませんでした。飛行機も便がなくなったりしていたため、航空券の払い戻しや日程変更が、手数料なしでできることに!いつも、一番安いチケットを買っているので、変更とかキャンセルできないのが当然だったりするので、おー!とか思ったりして(笑)。で、キャンセルも考えましたが、また飛行機予約するのも面倒だし、コロナが収束したら飛行機代がどーんとあがるかもしれない・・・と思い、夏のチケットは冬に変更することにしました。

冬休みは、こちらで言う「クリスマスホリデー」で、これは、家族全員集合して、一年で一番はりきる日でもあります。なので、クリスマスに日本に子供を連れていなくなる、というのは、それは、旦那方の家族からは、えっ?!という雰囲気もあったりして、特に旦那からは「行かないでほしい」と言われたのですが、こんな機会でなければ(高い飛行機代払うのだから、できるだけ長い休暇を使っていく、と我が家では決まっているので、夏休み以外の休暇に日本へはまず行かれないのです。)、冬、日本に帰ることはできないし、しかも、私は渡英して以来、日本でのクリスマスもお正月も過ごしていない。。日本で住んでいた時は、毎年の年末年始の特別番組にうんざりしていたし、おせちやお雑煮にも飽きてたけれども、今は、どれほど、それらのことが懐かしくワクワクすることか!

というわけで、もう、聞く耳持たずといった感じで、日本行きを決行しました。世の中は、冬ということもあり、世界的にコロナは増加傾向にあり、私の周りでも、日本人に限らず、海を渡っての里帰りは、今年はキャンセルした、という人が多かったです。

羽田空港での唾液PCR検査

飛行機は、ガラガラかと思っていたんですが、思ったよりもいっぱい!というか、コロナ対策で、人と人との間に空席を設けてはあったのですが、それ以外はほぼ満席!え、予想と違う。。。と思ったんですが、多分、便数が減っているので、年末年始の帰省を考えている人たちが、みんなこの便に集約されたのかな、とかかもしれないですね、とにかく満員。

私は、子供二人を連れての搭乗だったのですが、窓のある席3席を並びで予約していました。無事離陸したのち、シートベルトサインが消えて、リクライニングやテーブル使用が可能になったので、子供たちとの席の間の肘掛けを上にあげようと思ったら、動かない。ビクともしない!え?!なんで?!CAさんにお願いしてもCAさんもあげられない!なぜ?!

実は、肘掛けが、上がらない席でした・・・。

そんなんあるのーーーー?!!!って、初めて知りました。今まで、ラッキーにも、この席に当たったことがなかったんですね。しかし、子供二人と約12時間の空の旅。夜の便ですし、当然寝ますよね、子供。今までの経験からすると、子供二人が横になって寝る、私は端っこで、小さくなりながら、座り寝、もしくはひたすら映画みる、みたいな。

子供たち横になれないじゃん・・・

というわけで、当然、CAさんに困ります、眠れません!と座席の変更をお願いしました。しかし、席が空いてないんです。ね、すごいですよね。だから、ほぼ満員だったんですよ。うーん、困った。一番後ろの座席は3席並びで空いているのですが、そこは、万が一具合が悪くなった人のために空けておく席だそうで、たしかに、そこにはうちらは座れない・・・。

結局、真ん中の座席(4席並び)の一番前が空いているので、そこを案内されました。足伸ばせていいじゃーん、この席~とか思ったんですが、この一番前の、足楽々伸ばせる席って、両端の座席の肘掛け上がらないんです。真ん中の肘掛けしか上がらないのですがよろしいですか?と言われたのですが、一つも上がらないより一つでもあがるほうがいいので、この席に移動しました。

とりあえず、無事に羽田空港に到着すると、検疫所が大変混んでいると。どうやら、世界各国から羽田に到着する飛行機が、この時間に集中していたようで、検査するまで、したあと、結果待ちまで、とにかく、人、人、人で、いやな緊張感ありつつ、トータルでこの検疫に4時間もかかりました。うちは、子供がもう大きいので、なんとか乗り切れましたが、小さいお子さん連れとか、ほんと大変だと思いました。

検査は、唾液による検査で、子供たちも問題なくできました。結果が出るまでは、ドキドキしましたが、親子三人ともに陰性の結果をもらいました。よかった。

この後、羽田空港まで迎えに来てくれていた父の車に乗って、実家へ帰りました。ちなみに、これは、昨年の12月半ばの話で、現在は、イギリスから日本へ行くのは、もっといろいろと手続きが必要で困難になっています。

日本到着後の2週間の自宅待機

日本に到着後、2週間外出を控えなければなりません。私は、自宅が受け入れ可能だったので、自宅にて2週間を過ごしました。空港のPCR検査の時に、日本での2週間待機の場所と健康状態チェック(かな?)のための連絡先などを、係の方に伝えていました。ちなみに、毎日の連絡の受け取り方法としてラインも選択肢にあったのですが、日本の電話番号で登録したラインアカウントでなくてはだめで、私はイギリスのラインアカウントだったので自宅の電話とメールアドレスでお願いしました。

その健康チェックの連絡は、どこから来るのか、保健所なのか市役所なのか、わかりませんが、しかし、結局、私の場合ですが、2週間一度も連絡は来ませんでした。

当初の予定では、私が日本滞在するのは、2週間強なので、この自宅待機があると、ほぼ家の中で、冬休みが終了してしまうので、ちょっとくらい出かけてもいいかな?!とか、友達からの、ちょっと顔見に行っていいかな?!のお誘いとか、ありました。

私が、日本到着してすぐに、イギリスはロックダウンとなり、イギリス変異種がすごい感染力だというのが、ニュースとなりました。日本でも、同じく、ニューストップはイギリス変異種で、”日本に入っているか否か?!”が話題となるが、すぐに、”変異種発見”の話題が出てきて、当然ですが、イギリスから日本に入った人から、変異種が発見されるわけなのです。

私が、日本についた翌日、翌々日には、もう、イギリス変異種がニュースで流れて、とてもじゃないけど、イギリスから入国した私たちが、もしちょっと動いて、誰かに会って、なんかあって、なんてことになったら、大事です。もう、有無を言わさず、2週間、本当に家でじっとしていました。当然、会おう!なんて言ってた友人も、さすがに、イギリスから来ている私たちに、「2週間、じっとしていてね。」と、言ってくれました。

日本の日常が、らくちんで楽しい!

今回、久しぶりに冬の日本を体験したのですが、夏に帰るよりも、感動することが多かった気がします。日本の冬、住んでいる時は寒くて嫌いだったけれども、イギリスから帰ってみれば、

めちゃくちゃ天気がいいーーーっ!

夏に比べれば寒い、でも快晴が多い!イギリスは、冬は日照時間が少ないうえに、曇りや雨の日が多いけれども、日本は寒くても、お日様!!!朝、お日様の日差しで目覚めるなんて、キンキンに寒い日だって気持ち良すぎて外でラジオ体操したくなるくらい☆

気温も、寒い日もありましたが、日光のおかげなのかイギリスほど寒く感じませんでした。あと、夏は、帰ってしばらくクーラーに慣れず、体調を崩したりするんですが、冬は、それがない。そして、お風呂が最高!もう湯船に浸かれるって本当に幸せ。

今回、イギリス変異種のニュースが大騒ぎしていたこともあり、帰国してから、ほとんどの友人に帰国の連絡はしませんでした。帰ると告げたのは、ほんの数人だけ。そして、私の両親も高齢というのもあり、極力人と接するようなことは抑えて、過ごしました。私の住んでいる神奈川は緊急事態宣言が出ていたこともあり、外食はほとんどしませんでしたね。

だからといって、つまらなかった、というわけではなく、総合的に普通の日本の生活をしてきた、という感じで、ものすごくリフレッシュ、そして満足いく休暇を過ごせました。いつも夏に帰ると、予定表がほぼ埋まってしまうほど、友達と会ったり、子供たちをレジャー施設に連れて行ったり、行きたかったショッピングをしたり、とにかく忙しい。でも今回は、予定表はほぼ白紙。こんなに家族とのんびり過ごせたのは、本当に久しぶりだったし、掃除、洗濯をして(お日様の下に干す洗濯っていいよね!)、夕飯の買い物して、作って、食事して、みんなでゴロゴロする、もう、日本で暮らしている感覚ですね。最高でした。やっぱりね、、私って日本人なんだなぁ、って思いましたねー。ロンドンで暮らすよりも、格段に楽でした。言葉、だけじゃない、すべてに違和感がなく、もう、楽々らくーに日々過ごせました。

航空券の変更が手数料なしでできた!

約2週間強の一時帰国のはずでしたが、子供たちの学校がクローズとなり、在宅学習に切り替わったこともあり、日本滞在を延長することにしました。その頃、ロンドンだけでなくイギリスは、変異種の猛威もあってか、感染者数がものすごいことになっていたんですよね。日本も増えてはいたのですが、イギリスに帰るより、日本にいたほうが安全だろうと、旦那さんと相談して、日本から在宅学習をすることにしました。

私は、今回、ANAでチケットをとったんですが、一番最初に購入したのは、去年の夏の分。それを一度変更して、冬の日程に変えました。現在、そしてこの先はどういう対応になるのかわかりませんが、私が日本滞在していた1月は、世界的にコロナが猛威を奮っていたため、コロナを理由とした航空券の変更は、希望の便に空席があれば、受け付けてもらえました。飛行機会社もものすごく大変だと思うのですが、毎回電話で丁寧に快く変更依頼を対応してくれて、いやぁ、ほんと素晴らしいなーと思いました。

まとめ:日本の冬は最高だった!

今回は、美味しい食事を食べに行ったり、温泉旅行に行ったり、友達と忘年会したり、なんてことは、一切しなかったけれども、とにかく、日本最高!でした。あと、子供たちが、親なしで、近所のコンビニまで買い物行ったり、公園に遊びに行ったりできるのが、子供たち自身にも、私にも、新鮮で楽しかった!

まだまだ日本について書きたいことはたくさんあるんですが、小分けにして書いていけたらなって思ってます。そして、イギリスに戻ってきた時の話も。それは、最近のことだから、誰かのお役にたてる内容が書けるかもしれないです。

イギリス戻ってきて、ほんと、やっぱり、毎日暗くて(たまに、カラッと晴れるけど!)、まだ日本ロスひきづってる感満載ですが、イギリスもロックダウンが徐々に解かれてきているし、花も咲き始めたし、ワクワクできる季節がやってくるかなって感じですね。あ、どっぷり日本で日本人に戻ってるから、ますます英語、ほぼ忘れちゃってまーす!では!

コメント

  1. 玲子 より:

    Mifofo_tonさん、すんごい、すんごいお久し振りです!!
    私の中で、もうMifofo_tonさんは書くの辞めたんだろうと思ってお気に入りから削除してましたよ(笑)

    去年の冬に帰ったんですね~。
    ちなみに私は、去年の夏に帰りました。
    最初は、ポーランド航空のチケットを購入するもキャンセルされ、日付変更して後日使うようにしようかとも思いましたが、この状況だとポーランド航空なんて日本へしばらく飛ばないだろうと考え「返金」手続きしました。ちなみに返金されたのは、12月。

    その後、BAでチケット購入するもやはりキャンセルになりましたが、そこは大手!?
    同じワンワールドのJAL便に手数料なしで変更できました!!
    少し高くても、ANAもしくはJALとかのがいいんだと思いました。

    先日、コロナ予防接種を受けてきました。
    1月にコロナにかかったのですが夏、日本行きを計画してるので受けておこうと思って。
    ちなみにアストラゼネカです。

    Mifofo_tonさんも順番が来たら受けますか?
    受けるなら、だんな様とは同じ日に受けない方がいいですよ。

    • Mifofo_ton より:

      玲子さん、こんにちは!ご無沙汰しております~
      ですよね、私ももう書けないかもって思ってました!
      玲子さんは夏帰られたんですね!!!夏も、コロナで大変でしたよね、きっと。日本良いですよね~。やはり、イギリスが、コロナでかなり制約されている状況長いので、ちょっとでも自由な日本がのびのびできますよね~。
      予防接種!私も受けました、さっき(笑)!同じくアストラゼネカです。具合は悪くないですが、注射した腕がかーっと熱く感じてきています。万が一熱が出てもいいように金曜日にしました。だるくなったら明日寝てようと思ってます!

  2. がちゃ より:

    Mifofo_tonさん
    お久しぶりです♪
    がちゃも、久しぶりにブログ覗きました。
    世の中が一変してしまいましたが、元気そうで何よりです