Trinity Collageのテストを受けてきました

面接

こんばんは。前回の更新からまた日をあけてしまいましたが、やっと重い腰を上げてTrinity Collageへと行ってきました。結果から申し上げますと、無事パスできました~!応援し、励ましてくれた人、本当にありがとう!これで、永住権を申し込むための、テストはすべて(って2つだけど^^;)終わることができました。あとは書類あつめて、申請するだけです。ってこの用意する書類関連が、めんどくさいんだけどね。これは、もう時間がないので、これからガシガシ準備をしていくしかありません。とにかく、私の難関はとりあえず越えることができたかなと、ほっとしています~、泣きそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Graded Examination in Spoken English Grade 5

私が今回、受験してきたのは、Trinity Collageの、Graded Examination in Spoken English (GESE) Grade5 というやつ。永住権(Indefinite Leave to Remain — ILR)に必要な英語力証明のCEFR Level B1 と同レベルのテストで、これにパスすれば永住権の申請が可能となります。

さて、このテストに向けて、かなりビビりまくっていて、なかなか予約ができなかったのは、前回のブログに書きましたが、もうテスト受けないといけないって時期に来てしまったので、コメントにも励まされ、「えいっ!」と予約をしました。予約をしてから、試験までは、約1週間。LIFE IN THE UKのテストも約1週間の勉強期間でしたが、今回も同じく、1weekでテストに挑みます!

予約の時間指定ができない

Trinity Collageのサイトから、オンラインで予約はできます。さて、この予約がですね、会場と日付を選択すると、受験したい時間帯が選べるようになるのです。この時間帯が、Morning, Afternoon, No preference の3択なのです。ちょっと時間帯を忘れてしまったので定かではないのですが、Morningが8:30~11:30、Afternoonは12:30~4:30、No preferenceはいつでもいいよ、ってことですね。会場まで少し離れているので、子供の送迎があるため朝は無理だろと思って、Afternoonを選んだんですよ。っていうか、12:30だろうな、って勝手に思い込んじゃったんですよね。

予約したその日だったと思うんですが、メールが届いて、正確な時間が送られてきます。なんと、4:00からだったのです。子供の学校のお迎えじゃん。これ、ほんとアバウトすぎるよ、もっと細かく時間指定させてよって思いましたね。LIFE IN THE UKの時は、ちゃんとテストの時間で予約ができましたから。

日時の変更は、電話で。と書いてあるので、えーっっ、あたしの一番嫌いな電話じゃんかよぉぉぉーっと思ったのですが、なんとか電話をして、時間変更してもらいました。当然、相手は何言ってるか全然わからなかったです、が、なんとか時間変更できました。

テスト勉強は、何をしたか

一応、テストをパスしたので、なんとなく自信をもって言えるのですが、話す練習をすれば大丈夫です。ってわかんねーっですよね(笑)。

Trinity Collageのページにテストの準備用の資料がダウンロードできたりします。私も一応ダウンロードしましたが、あまり読んでいません。ちなみに、このテストを受けるには、事前にTopic formというものをダウンロードして、これに自分で選んだトピックに関して書き込んでいきます。ちなみにこれはサンプル。

Topic form

テスト時間は10分で、最初の5分は、このトピックに沿って試験官から質問され、答えるといった感じになります。そして、残りの5分は、Conversation のテストで、以下の項目の中から2つのネタを試験官が選択し、そのネタに関して会話をするって感じ。

  • Festivals
  • Means of transport
  • Special occasions, for example: birthday celebrations
  • Entertainment, for example: cinema, television
  • Music
  • Recent personal experiences

ちなみに、TopicもConversationも、いずれも一回、試験官にこちらから質問をしなければなりません。

まずは、試験の様子を把握するために、Trinity Collageのサイトにあがっている実際のテストの動画を見ると良いでしょう、これマジでおすすめです。

Trinity College London - Prepare for your GESE Grade 5 exam

で、この動画を見ながら、試験官と会話するような感じで自分も声を出して話します。特に後半のConversationの部分は、試験官の質問に対して、自分の答えで返せるようにしておきます。夜中に大声で変な英語話してて、なんか変な人だし恥ずかしかったけど、旦那さん出張でいなかったし、子供たち寝ちゃうし、容赦なく変な英語話していました。その英語があっているのか間違っているのかもわからなかったのですが、旦那いないから確認もできなかったし、まあ、大丈夫だろう!と思って話しました。

でね、気づいたんですが、まず、動画を見ていた時は、ふーん、このくらいならば私も話せるんじゃね?!って思ったんですよ。なんでしょうね、上から目線でやな女ですよね、私。でもね、実際、動画見ながら、自分で答える感じのシュミレーションしたらね、パッと出ないんですよ、答え、というか返答が!できないんですよねー。あー、んー、とか言っちゃってね、あれ、なんて言えばいいんだ?とか途中でぼそっと言っちゃったりね。

これ、ちょっとびっくりしました。英語を目だけで読んで、動画を見て、それだけで英語が出来てるつもりになってしまうんですよね、実際に会話をしている状態にすると、思ったよりも口から言葉がでないんです。

英語で独り言はスピーキング力がつく!気がする!

私は、特に、本当に、ヒアリングとスピーキングが悲惨なんですが、5年もたつのに全く上達していないんですが、しかし、今までいろいろな勉強法にはかじってきました、かじっただけですが・・・^^;。

英語の勉強法がためになるYou Tuberさんがいて、その人がスピーキングを上達させるには、独り言がいいよって言ってたんです。えー、そんなの嘘だー、独りで話しても意味ないんじゃーんとかって思ってたんですけど、今回、まあ時間がなかったこともあって、台所で洗いものしたり、料理したりする時に、独りでぶつぶつとテストで答えられそうな英文(英会話文)をけっこうつぶやいてたんです。それがね、結構良かった気がするんですよ。

留学不要の独学スピーキング上達法「独り言」の具体的なやり方 TOEIC満点、英検1級、IELTS 8.5、TOEFL 114点保持

もちろん、テストにも有効に働いたと思っているんですけれども、普段の生活でも、本当に簡単な挨拶程度の会話が、頭で考えずに口から出るようになった気がします。ただし、間違った英文の可能性は大なんですけどね(苦笑)。だから、やっぱり英単語や文法の勉強は必要不可欠なんですが、でも、口から英語を出せるって、本当に難しいんですよ、絶対に、慣れてなかったら。だから、独りでもぶつぶつ英語を話すのって、練習には良いなって、今回思いました。

まとめ

試験会場につくと、スタッフに従って、結構細かいRegistrationを行い、名前が呼ばれるまでいすに座って順番を待ちます。もうー、ほんとに、この時間が、緊張極まりない!いや、いや、この空気が嫌い、大っ嫌い!そしてね、受付のスタッフから登録のおねーさん、誘導してくれるおじさん、みんなの話す英語がほんとにさっぱりわからなくて、「もしかして、この人が試験官?だとしたら、何言ってるか全然わかんねー」って、とにかく試験の前ですでに気分は落ち込んでいたんです。

試験官は、大丈夫、ちゃんと初心者向けに英語をわかりやすく話してくれました。いや、全部理解できたかと言われるとそうではなかったですが。

しかし、本当に嫌ですね、テストって。しかも、こういった、重要なテストって。もう、この緊張感は味わいたくない!今回、2つのテストを完了して、大変だったなって、ほんと今となってはいい思い出。しかもね、どっちもね、ネイティブな旦那に一切、なんの手助けも受けませんでした。今回受けたTrinity Collageのテストは、ネイティブな家族や友達がいたら、少しだけ手伝ってもらうと良いと思います。自分で考えたトピック、それに関連する質問と回答をイメージして会話文を練習するんですが、正しい英文であることが必要です。特に、現在と過去と未来といった時制の部分は、大切みたい。私は、今通っている学校の先生にちょっとだけ教えてもらいました。過去の質問を聞かれたら過去形や過去分詞で答えるとか、そんな程度ですが、でもそこらへんを気にして、独り言練習すると良いと思います。

とにかく、ひと段落って感じ、いや、時間はないのでのんびりはできないんですけど。これからTrinity Collageのテストを受ける方、普段の英会話ができる人なら絶対に大丈夫、私のように普段の英会話が全然できない人は、ひたすら英語を口に出しまくってください。頑張ってください。

コメント

  1. かまくら より:

    おめでとうございます!!!!!凄い凄い凄い!!!!!

    年を経るにつけ、どんどん申請自体が難しくなってきていますよね。昔は何のテストもなく、英語のテストがなかった人、Life in the UKのテストがなかった人たちもいますし、これからの人たちはもっと大変になるのでしょうか?自分が受けたテストで良かったぁ、と思う日がくるのでしょうか?

    ビザの取得後は更新ですね。私は子ども達の永住権のカードの期限が来て更新するまで(子ども二人で期限が違うのも?でした)、本当に色々なサイトを見て、相談所にも行きました。なんて言っても政府のホームページ分かりにくいし、「更新」についてちゃんと書いてないんですよ。誰からも答えをもらえないまま、更新でなく、「申請」の書類を期限切れ前のビザのカードと共に送って事なきを得ましたが、こういうお国柄では何があっても不思議でなく、ただ今のカードで永住権のカード更新時に又英語のテスト受けなきゃいけないようなのは止めてください、と祈るばかりです。

    とにかく本当に良かったですね!書類も面倒ですが、あとひと踏ん張り頑張ってください。

    • Mifofo_ton より:

      かまくらさん、ありがとう!!!
      もう、ね、とりあえず、先は考えてないです、一応、やらなきゃいけない難関は、完了させたかなって、今はとりあえずの「ほっ」って感じ!ありがとう
      !嬉しいです、もう、良かったねって言ってもらえるとほんとに安心します。
      まったくおっしゃる通りで、年々、厳しくなってますよねー。昨今は、ブレクジットがあるから、来年3月以降、どうなる?良くなる?悪くなる?ってもやもやする感じありますけど。私の来英する多分1年前か2年前なんですよね、英語のテストが導入されて、永住権をとるには在英5年以上が必要とかになったのは。
      更新については、たしかに私も良く理解していません。今のところは、目の前の私のVISA取得が先決だったので。その先も難関は続くのですね・・・( ;∀;)。たしかに、子供たちのパスポートも来年更新しなくちゃならないしと、まめにチェックしないと怖いですよね。HomeOffice、結構わかりずらいですよね。で、移民管轄しているくせに、マルチリンガル対応にたけてないし、ま、それはしょうがないかー。お互い、アンテナはって生活しなきゃですね、頑張りましょう!
      とにかく、ありがとうございます。とりあえずのひと段落です。週末もあけるので、明日からHomeOfficeのサイトで英文読み漁ります~。

  2. 玲子 より:

    Mifofo_tonさん、おめでとうございます!!
    本当に、良かったですね。
    来週末で子供達も冬休みに入るから、ゆっくりできますね?(子供が家にいると大変ですが)
    書類集めは、大変と言えば大変ですが、メインは旦那様の物ではないです?
    夫の重い腰を動かすの大変と言えば大変でしたが・・・・。テストに比べたら。

    ほんと、この先こんなことが続くと思うと気が重いし、色々と変更になったりも考えられますし。
    まだ、この年齢だからいいですが、50,60歳になってついていけるのか??
    私の場合、その年までこの国にいるかは定かではないですが。

    とにかく、おめでとうございます!!