ロンドンで、英語力ゼロ主婦がパートタイムで仕事を探す

仕事

こんにちは。ロンドンは、先週大雪でした。これは、とっても珍しいことだと思います。在英5年目にして、はじめて出会った雪、雪、雪のロンドンでした。今日は、あさから冷たい雨が降り、すっかり雪も流されてしまって、ちょっと寂しい気分にもなっていますが、もう3月ですもんね、これから、春が訪れます!

さて、毎年の目標にもなっている、ロンドンでの職探し。とにかく、ね、うちは4人家族、家賃の高いロンドンでの生活は、旦那さん一人の収入だと、余裕は、ないですよね~。日本では、子供がいなかったのに、二人で働いても、毎月ギリギリだったりする、節約下手なわれわれ夫婦ですので、家族単位となったら、そりゃもう、大変です。

しかし、なかなか、言葉ができないこともあり、そう、簡単には、職は見つかりません、当然ですが。去年までは、下の娘が、まだ未就学ということもあり、甘えて専業主婦していましたが、学校に入ったからには、私も昼間の時間、ダラダラ過ごしてもいられず、ちまちまですが、就活をはじめております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語力ゼロが、英語の国で働くには

私はずっと働いてきたのですが、子供が二人立て続けにできたので、最初の子供の時は、保育園にあずけて、時短で働いていたりもしましたが、その後二人目出産後に渡英したので、働いていないブランクがけっこう長い。なので、キャリアもなにも、ブランク長すぎて、それをダシにして昔と同じ職種の仕事にありつこうなんて甘いことは考えていません。って、そもそも、英語ができませんからね~っっ、致命的ですよね。

とはいえ、スーパーのレジでも英語が必要な国ですから、どうしたら良いものか・・・というわけです。でも、英語ができないのは、決して日本人だけではないはず。移民が多いロンドンですから、私と同じように、英語が苦手な外国人が多くいると思うんですが、ほかの国の人たちはどういう仕事をしているのだろう。

英国在住日本人の強い味方、mixb

mixb

MixB 

こちら、英国在住者には、おなじみですよね。Mixbは、ロンドンに限らず、ほかの国バージョンもあるみたいで、海外在住日本人のための、お役立ち掲示板といったサイトです。

このMixBに、求人欄がありまして、ここは、英国在住日本人に向けた求人情報となっているので、まずは、ここで探すのが一番楽で、安心なのかと思います。情報量も、かなり多くて、結構さがしがいがあります。求められる英語力が書いてありますが、やっぱりね、ネイティブレベルや仕事で使えるレベルを条件にしている求人が多かったりします。英語力不問や、日常会話レベルでOK、といった案件を探しますが、まあ、なかなかね、難しいですね。働く場所もあまり遠くにはいけないので。

私の場合、子供の送迎があるので、どうしてもパートタイムでの求人しか応募できません。となると、さらに道は狭まります。実はいくつか応募しましたが、時間の融通が利かないことを理由に落とされてしまいました。

就職エージェントに登録しようと思った

MixBにも、多く掲載されているのですが、求人案件をたくさん持っているエージェントがいくつかあります。日本人のお友達が、登録するという話を聞いて、私も、登録だけでもしてみようかなと、MixBで見つけたエージェントに連絡してみました。しかし、実は、最初に連絡した某エージェントは、英語力ゼロでパートタイム、というところから(もしかしたら、高齢っていうのもひっかかってしまったのかもしれない・・・)、登録を拒否されてしまいました(苦笑)。軽くショックでした。そっかーそっかー、まあ、言われていることは当然だけれども、うーん、やっぱり、英語ができなくては、ここでは仕事にありつけない現実なんだろうなーと実感。

でも、なんだろうな、日本人に実際、そう、言われるとね、けっこう、ガーンと来ます。イギリス人に言われても、まあ、ムカっとするかもしれないけど、はいはい、あーそうですかー!って、諦めますけど、日本人に、英語ができなくてパートタイムは、残念ながらご紹介できるお仕事はありませんので、ご登録は無理ですねー、みたいに言われちゃうと、ひーーーーーーって、どこかから突き落とされた気分を一瞬感じてしまいました。まあ、でも、本当に、それが現実。

英語が出来なくても登録できたエージェント

ちょっとばかし、ガーンとなったんですが、ダメ元で、もう一個やっちゃるか!と、連絡してみたのが、JAC Recruitmentという会社です。最初電話で話した時に、英語ができないこと、子供が二人いるのでパートタイムが希望なこと、ロンドン中心部からちょっと離れた場所に住んでいること、を告げて、登録が無理ならば諦めます、としょっぱなから、ネガティブに話したんですけどね、とにかく面接に来て下さい、仕事はたくさんあるので、相談にのりますよ!的な、めっちゃポジティブなご対応してもらい、涙でそうでしたよ。

勉強になったロンドンでの仕事のいろいろ

JAC Recruitmentに登録のための面接をしてきたのが去年の暮れのころ。なんでしょう、やはり、対応が日本語ということもあり、フットワークも軽く、会社まで行ってきました。面接では、現状や今までのキャリアなどいろいろと確認されて、仕事の相談をしてきました。

詳細については、個人によっても対応が全然違うと思うので、割愛させてもらいますが、でも総じてとても心地の良い面接でした。英語力チェックということで、JAC Recruitmentのイギリス人の社員さんが来てくれて、英語で軽い会話をする、といったものもありました。これ、私の友達は、別で登録したんですが、同じようにイギリス人とのインタビューで、英語は全然問題ないです、と言われたらしいので、私は、そういったことは一切言われなかったので、やっぱり、英語力はイマイチと、メモられたと確信しています^^;。

イギリスでの、日本人向けのエージェントさんが抱えている求人案件は、ほとんどが、日本企業やそれに関連する企業になるようです。なので、英語は使うこともあるけれども、ベースは日本語だったり、対応するのは、ほとんど日本人だったりする仕事も多いので、英語力ゼロ=仕事がない、というわけではないらしいです。なので、私のように、英語ができない~むーりーっっ( ;∀;)と、はなからあきらめず、とりあえず、登録してみるのもありかと思います。結構いろいろと仕事薦められて、たまに興味そそられるものもあったりして、楽しかったです。

しかし、面接後、仕事の連絡は、皆無です。マジで。もう忘れられてるのかなって感じ(笑)私の場合、英語力もひっかかってるとは思うんですけれども、どうやら、パートタイムというのが、難しいようですね。このインタビュー時に、いくつか即紹介してもらえそうな仕事もあったんですが、どれも、フルタイム必須でした。フルタイムといっても、緩いものもあって、4時や5時までだったり(終わりが早い場合、始まりは早くなるんですが)、週に4日でもOKだったりなど。でも、いくら早く4時までにしてもらっても、子供のお迎えに間に合いません。お迎えのあたりだけでも1時間ほど誰かにお願いするという方法も、考えたほうが良いのかなと、思ったりもしましたね。

イギリスでは、日本企業でも交通費はでないのが普通

日本では、何年も働いてきたというキャリアがあり、職務経歴書も提出もしましたが、先述の通り、ブランクが長い。そして、現地で一番必須な語学にたけていない、という点からも、仕事に採用される場合、私の立場はただの主婦。しかも英語ができないというマイナス要素付き。なので、賃金に関しては、基本最低賃金からのスタートとなります。まあ、それはいいです、かまいません、当然です。

さて、もし、会社勤めをするとなると、よほど近所の会社でない限り、通勤しなくてはならないという、時間とお金がかかる部分が出てきます。こちらでは、多分、なんですが(実際、働いたことはないので、人から聞いた話です)、交通費支給、というものがありません、たとえ雇用主が日本企業だとしても。

となりますと、例えば、ロンドン中心部の企業へと働きに出たとします。ロンドン郊外に住んでいる私は、毎日、往復の電車賃、または、バス代などの、交通費がかかります。ロンドンは、電車賃が高い!ロンドンのTube(地下鉄)の価格は、Zoneによって価格が設定されていますが、ピークとオフピークによって価格もかわり、ピーク時には、けっこうかかります。ちなみにピーク時というのは、平日の6:30-9:30と、16:00-19:00、もろ通勤ラッシュタイムですね。

  • Peak fares apply Monday to Friday (not on public holidays) between 06:30 and 09:30, and between 16:00 and 19:00

ちなみに、バスは片道1.5ポンド。うちは、近くにTubeの駅がないから、センターに行くのには、バスを使って最寄りのTubeの駅へ行くことも多いので、そうなると、通勤に、電車賃プラスバス代がかかるわけです。これが、往復で・・・と計算すると、実は、約1時間ただ働きになってしまう?!とかって算出しちゃったりするんですよね、これが。まあ、それだけ電車賃が高いので、会社も交通費を出さないんだろうけど。

余談ですが、電車賃は、現金で切符を買うよりもOysterカードを使う方が、割安になります。Oysterカードは、日本でいうSuicaやPasmoのような交通プリペイドカードで、最初に5ポンド支払ってゲットします。デポジットというのかな、必要なくなり返却する際、戻ってくる金額です。Oysterカードは、ロンドン内では鉄道に限らずバスにも使えます。特にバスは、現金での受付をしていないため、Oysterカードは必須アイテムなのです。

Oysterカード愛用者に、とっても便利なOysterアプリ
ロンドン在住者には、もう、おなじみのOyster Cardです。自家用車での移動が常の人でも、一枚は持っていますよね。うちは、車を持っておりません。いつも、電車かバスでの移動です。なので、Oyster Cardには、もう4年半、大変

そんなわけで、エージェントに登録はしたものの、まだ紹介案件ゼロという状況。フルタイムが可能になれば、連絡をください!と強く言われましたが、まだまだフルタイムで働く決心はつかないままでいます。

近所のお店が有力候補か

英語よりも時間がネックだと、わかってしまった今、地道にMixBで、パートタイムの求人を探すか、もしくは近所のコンビニやカフェなどのレジ係を狙うか、と思ったりもするんですけど、やっぱり、英語が怖い。こういうの、すごく躊躇しちゃうのって、日本人だからなのかな?それとも私の性格?働いたこともないくせに、いろいろ想像しちゃって、例えばカフェで働いたら、ランチタイムの忙しい時なんか、英語オーダーの連続をうまくこなせるかどうか、とか、反対にめっちゃ暇な時間に、ひまつぶしで来る人の話し相手ができるかどうか、とか、もうそういう状況をシュミレーションしちゃってね、どう考えても無理でしょうって、’Wanted Staff’なんて張り紙を気にしつつも、いつもスルーしてしまう自分がいます。義母には、パブで働けば、お客と話せて、すぐに英語が上達するわよ、とかって、パブ勤めを薦められてるんですが、それこそ、酔っ払い相手に私がうまく英語で対応なんて、どう想像しても無理ですわ!

考えてばかりいても仕方ないとは思っているのですが、情けないですね。時間と英語を考えちゃうと、じゃあ、やっぱり、在宅で仕事を探して、お安くてもチマチマお小遣い程度稼いだほうが、楽なのかもしれないと思ってしまいます。

海外からでも、英語力ゼロでも、お小遣い稼ぎしたい
先日のキャッシュパスポートの記事で、ちらっと私の悲惨な懐事情は、暴露してしまったのですが、イギリスに在住しているのに、もう4年もいるのに、どうして日本にお金があるのかと思った方もいらっしゃると思います。いや、私が思うし。というか、そ

韓国人のお友達がいるのですが、彼女は英語ペラペラなんですが、遠い昔にイギリスに来て、語学学校に通いつつ、アルバイトでファーストフード店で働いたときの話。そのお店の、忙しい時は、本当に忙しくて大変だったんだけど、今思えば、その時が一番英語が身についた、一番上達したといっていました。忙しすぎて、考えている暇もなく、へたくそだけど、英語を使って、ほかの社員や、お客とやりとりしていたせいで、一気に英語が使えるようになったと言っていました。だから、あなたも、忙しいファーストフード店で働くべきよ!と薦められました。。。

パブとか、ファーストフードとか、もう、みんな、スパルタすぎるわっ(汗)。いや、あたしが、全然英語がうまくならないから、親切心で、アドバイスくれているんだっていうのは、わかっているんですけどね。うーん、悩む。。。まだまだ、お金に余裕ができるのは、先になりそうです。

コメント

  1. Kolyr より:

    こんにちは!

    就職活動の話、興味深いです!

    日系のエ-ジェンシ-でも色々なんですね~。
    旦那もいくつか登録してましたけど、一切連絡こないエ-ジェンシ-もあるって言ってました。

    お子さんのお迎えって「アフタ-・ケア-」というの、あるんですよね?
    旦那が、自分が時間欲しいがために(笑)、たま~に登録してます。
    18時ぐらいまでみてくれるとか?
    娘はアフタ-・ケア行くの大好きで(他の学年の子と一緒だし、オヤツも作って出してくれるらしいです)、もっと入れて欲しいみたいなこと言ってましたが(笑・フランスでは常に入ってたので)、ちょっと高いみたいです。

    何か、いい感じのお仕事見つかるといいですね!

    英語力・・・身につまされます(笑)。

    • Mifofo_ton より:

      Kolyrさん、こんにちは!
      旦那様も登録されているんですね。私の場合、仕事紹介メンバーとしては、スキル不足が多々あるため、一切連絡こないですけど^^;、でも、時間さえどうにか都合がつけば、全然経験がない職種でも仕事を紹介したいといわれました。裏を返せば、勤勉で日本語が通じる日本人は、ロンドンの日本企業は必要なんだなってこと。当然、英語が出来る、は必要不可欠なんだろうですけど。とにかく、英語できない=門前払いではなくて、いろいろ話を聞いて興味深かったです。
      アフターケア、あります、学校や、学校に付随しているサービスでありますね。うちの学校や周辺では、この時期は17:00までな気がします。なぜか、夏になると日が長いからか、18:00まで可能とかになるんですけど(笑)。ここらへんは、ほんと他の学校や地域の情報が全くわからないんですけど。
      そう、そうなんですよね、アフターケアはお金かかるので、預けて仕事をするか無収入か、の二者選択を悩みます。
      いい感じの仕事が見つかれば、アフターケアやナニーさんも当然ありだと思うんですよね、なんせ、永住予定ですから~。うーん、その前に英語~っっっ^^;。